研修状況一覧

研修状況一覧

農作業の様子や農産物の生育状況など、
研修状況をお伝えします。
随時配信

わたしたち、
今こんな研修をしてます!

今期の研修状況を随時配信。
研修生が今どんなことをしているのか現場からお伝えします!

キャッサバと青パパイヤの定植

だいぶ暖かくなってきたので、本日は熱帯性植物のキャッサバと青パパイヤを定植しました。 キャッサバは、2月中旬に挿し木をして作った苗を使います。東南アジアなどの産地では、畑に直接枝を挿すようですが、今回は確実に活着させるため苗にしてから畑に植えました。また、国内での栽培は肥料をあまり入れない事例が多いようですが、今回は、産地の事例を参考にして、基肥をしっかりと入れました(化成8号125g/㎡)。 青パパイヤは購入苗の「ベジキング」という品種を植え付けました。両作物とも、寒さに弱いので定植後ユーラックカンキ4号でトンネル被覆をしました。

投稿日:2024/04/30

ネギの定植

直売でも人気の品目であるネギを定植しました。例年は手作業での植え付けを先に経験して貰いますが、今年は苗の都合で最初に農機具を使います!まず、「ネギスコッパー」を使って深さ25cm程度の溝を掘ります。定植には「ひっぱりくん」という簡易移植器を使いました。これは、苗をセットして引っ張るだけで、植付け、土寄せ、鎮圧という工程を行い定植が完了するとても便利な道具です。この後、手植えを予定しているので、研修生も道具のありがたみをより実感すると思います。 皆様に喜ばれる高品質なネギが出荷できるように管理していきます!

投稿日:2024/04/17

スイカのトンネル早熟栽培に挑戦

武蔵村山市に就農予定の2年生が小玉スイカのトンネル早熟栽培に挑戦します。本日は、定植作業です。まず、準備として2週間程前にグリーンマルチを敷いておき、地温を十分に温めておきます。また、地温を下げないように、苗に十分に灌水をして置き、定植時の灌水もなるべく少なくします。 暖かくなってきましたが、スイカは寒さに弱い作物なので、トンネル被覆で温度管理をします。今回は、不織布とPOフィルムで二重被覆を行います。POフィルムは、幅の広いアーチを使うことで雨よけの役割も果たします。 6月下旬から7月上旬の収穫を目指して管理していきます!

投稿日:2024/04/12