研修状況一覧

研修状況一覧

農作業の様子や農産物の生育状況など、
研修状況をお伝えします。
随時配信

わたしたち、
今こんな研修をしてます!

今期の研修状況を随時配信。
研修生が今どんなことをしているのか現場からお伝えします!

ブロッコリー、カリフラワーの収穫作業

8月上旬に定植したブロッコリーとカリフラワーの収穫が始まりました。ブロッコリーやカリフラワーはご存じの通り、花の蕾を食べる野菜です。蕾を十分に肥大させ、開花する前に収穫を行います。収穫は、葉を5~6枚残すように包丁を使って茎を切ります。その後、花蕾の高さに葉を切りそろえます。この残した葉が、出荷時に緩衝材の役割も果たすので、蕾だけを収穫しないことが重要です。  アカデミーでは極早生、早生、中生の品種を植えており、12月まで順次収穫を行っていきます。研修棟の直売でも販売予定ですので、是非お楽しみに!

投稿日:2022/09/26

タマネギの種まき

タマネギの種まきを行いました。タマネギは苗を作り、移植をする栽培が一般的ですが、新規就農時には育苗の施設や資材を確保することは難しいので、アカデミーでは直播栽培を行いました。マルチの穴に2~3粒の種をまいていきます。穴の数は約6400個!職員も総出で種まきを行いました。 間引きや補植、追肥、除草、病害虫の管理などを行い、来年の6月に収穫予定です。

投稿日:2022/09/16

ゴボウの収穫作業

ゴボウの収穫作業を行いました。地中1m近くまで伸びているゴボウを手で掘るとなると大変な重労働になります。そこで、トレンチャーという巨大なチェーンソーのような掘削機の登場です。この機械で、ゴボウの株のすぐ横に深さ1m程度の溝を掘っていきます。次に、溝の反対側から長い鉄の棒を差し込み、ゴボウを溝の方に倒します。すると、簡単にゴボウを引き抜くことが出来ます。  トレンチャーを使ったゴボウの収穫は都内ではほとんど行われていないため、貴重な経験をすることが出来ました。

投稿日:2022/09/16